>

家族のことを考えよう

高齢者におすすめのリフォーム

身体を動かすのが苦手な人が家族内にいる場合は、バリアフリー機能を意識してください。
多くの人が、バリアフリー機能があったおかげで生活が便利になったと言っています。
廊下に手すりを付けたり、階段の段差を低くするのがおすすめです。
段差が高いと、足を動かすのが難しい人は上りにくいので大変です。
数段であれば、段差を無くして坂道にするのがおすすめです。

階段よりかは上りやすくなりますし、車イスでも楽に移動できます。
身体が元気な人は、どんな機能があれば良いのか具体的に分からないかもしれません。
アイデアをたくさんの人から聞くのがおすすめです。
すると、みんなが暮らしやすいデザインが決まります。
情報収集をしましょう。

子供向けのリフォームを考えよう

小さな子供がいる家庭では、事故に気を付けてください。
家庭内で事故が起こりやすいので、ケガをしにくい住宅になるようデザインを決めましょう。
滑る床だと、子供が走り回った時に転んでしまいます。
床の素材を滑りにくいものに変えてください。
リフォームでは、素材を自由に選択できます。
まだ子供がいない家庭も見られますが、これから生まれるかもしれません。

その時に再びリフォームをするのは金銭的に大変なので、1回のリフォームで済ませましょう。
尖っている部分があると、子供がぶつけてケガをする可能性があります。
できるだけ丸くしましょう。
それだけでも、ケガの防止に繋がります。
同じ年齢ぐらいの子供がいる家庭の意見をたくさん聞きましょう。


この記事をシェアする